>イチオシ情報>免疫細胞治療を知らないと損!治療を受ける良さとは?

免疫細胞治療を知らないと損!治療を受ける良さとは?

医者と患者

患者のみならず、医療現場でも注目を集めているのが免疫細胞治療です。免疫細胞治療とは、自分自身の免疫細胞を活用し、がんを攻撃する治療法に他なりません。1980年代にアメリカで開発された治療法で、他の臓器等に転移したがん等に対し、効果があるのではないかと期待されています。人間には体の中に侵入した異物を、排除する「免疫」というシステムが、備わっているのは周知の事実です。その能力を高めていくのが免疫細胞治療ですから、副作用の心配は殆どありません。免疫細胞治療と、抗がん剤での治療を併用されている方も、大勢いらっしゃるのが実情です。がんの再発や転移を予防したり、QOLが改善する効果があったりするのではないかと期待されています。

新たながん治療の方法として、注目を集めているのが免疫細胞治療です。樹状細胞ワクチン療法や、アルファ・ベータT細胞療法など様々な治療法があります。体内では常に、がん細胞が発生し続けているのは周知の事実です。ですががん細胞を攻撃する、免疫細胞も同時に存在していますので、直ぐに発症してしまう可能性は殆どありません。ところが何らかの原因によって、がん細胞の増殖が免疫細胞の数を、上回ってしまう場合があります。そのまま増殖し続けると、がんという病を発症してしまうのです。免疫細胞治療ではまず、血液中の免疫細胞を取り出します。培養した後、再び体内に戻すという治療法ですから、副作用の心配はありません。免疫細胞治療は、自由診療になります。保険が適用されませんので、治療に掛かる費用に関しては全額、自身で負担しなければなりません。その辺りを踏まえた上で、免疫細胞治療を受けたほうが良いでしょう。

患者