>イチオシ情報>世田谷のクリニックでリウマチ炎症を解消させよう

世田谷のクリニックでリウマチ炎症を解消させよう

看護師

リウマチは自分の免疫が過剰に働いて手足の関節を攻撃する、炎症性の自己免疫疾患です。自己免疫は普通、外部から侵入してきた最近やウィルスを攻撃して排除する役割があります。しかし、その免疫システムが何かの理由によって狂いが生じ、正常な自分の細胞や組織を悪者とみなして攻撃してしまうことがあります。関節の部位を攻撃される事が多いので関節リウマチと呼ばれていますが、放置しておくと徐々に関節を破壊していく怖い病気です。高齢者が罹る印象のある病気ですが、30代から50代までに発病する事が多く、年齢別の人口比率では30代40代が多い世田谷区でも潜在的な患者さんは増えていると考えられます。では、リウマチに罹患するとどのような症状が出るのでしょうか。代表的なのは「朝のこわばり」という症状です。朝起きて、手の関節が腫れぼったい、指がスムーズに動かせないなど、手の違和感が毎朝のように感じられたら要注意です。しばらくじっとしていると違和感は消えますが、こわばる時間が徐々に長くなってきたらと感じたら、リウマチ科のある病院へ行って検査を受ける事をおすすめします。

リウマチの発症のピークは40代から50代で、男女ともに正に働き盛りの頃です。「朝のこわばり」など初期症状を見逃していたり、仕事の忙しさにかまけて放っておくと関節の痛みが日常的になったり、最悪の場合、関節を破壊してしまう事にもつながりかねます。この病気の怖いところは全身の関節に痛みが出て歩けなくなったり、手先が使えなくなったりなど、日常の生活に多大な支障が出る事です。リウマチの疑いが感じられたら、リウマチ外来を受診して早期に発見して、適切な治療を行えば関節破壊を防ぐ事ができます。かつては不治の病として知られていましたが、近代医療の発展によりリウマチの治療は年々に進歩してきています。特に免疫の過剰な反応を抑えて関節破壊を防ぐ、今はまだ高価ですが効果のある新薬が出てきています。世田谷などの都会では、最新医療を取り入れている病院や、診断や薬の使い方に使い方に精通しているクリニックも多くあります。早期発見、早期治療がこの病気のポイントですから、手足の関節に違和感を覚える方は早めの受診を心掛けてほしいものです。

ドクター